facebook

前田真里Mari Maeda

文筆家・コンテンツプランナー

慶應義塾大学卒。

幼少期からクラシック音楽に親しみ、国立音楽大学付属中学校に進学の後、父の仕事の関係で渡英。

王立音楽院のジュニアアカデミーでピアノを学ぶ。

大学では政治学を専攻し、卒論テーマはヨーロッパの文化政策について。

卒業後は新聞社の文化企画局(当時)で舞台・音楽を担当し、その後渡仏。

帰国後はフランスの宝飾メゾンの広報に携わる。東京国立博物館で開催されたカルティエの宝飾展『Story of…』(2009年)のカタログを執筆。

現在はフリーランスで、心(五感)に安らぎをもたらす“美しいもの”を探し求めて、企画と執筆をつづける。